FC2ブログ

やっぱり700Cにしてみます。(作業編そのⅢ)

Bykomtec


先日タイヤの取付まで進みました700C化計画、今回は最終的に乗れる状態にまで仕上げます。

ところでタイヤの太さがこんなにも違います。
これはもう26in → 700Cに変えたらどうだった?てな話ではなく、
まったく違う自転車になちゃった、てな感じ。
(やっぱり28Cがよかったなと思う・・・)


ではブレーキの取付ですが、まずコレが無いとブレーキが機能しません。

【グランジ 700c トランスファー】

もう26インチのMTBとか乗ってる人自体あまり見かけないから、
コレって何のパーツって思う人も多いでしょう。
でも、よく考えられてますよ、しっかりとした作りでブースターの役割もしてるのかな?

P4170001-.jpg

取り付けるのにトランスファー自体を固定する部分の掛かりが浅いので、ばね座金を噛ましてます。

それにブレーキをトランスファーに固定するネジ足が長いので、
こちらも薄い座金を何枚か入れて調節してます。

P4170015-.jpg

後は普通のブレーキ調節だけでOKです。

どうも私の使ってるブレーキですが、中のスプリングが弱ってるのか上手く調節ができません。
何とか片効きしないようにしてますが、スプリング交換をしないといけないみたい・・・ な感じ?

P4220040-.jpg

フロントはこんな感じ、タイヤが軽くなっても部品が増えるのでトータル重量ではあまり変わらないと思います。
気が向いたら量ってみます。(体重計しかないけど)

最後に難関のシフト・ディレイラー調整です。

後輪のチェーンラインがセンターに寄ってますから、BB軸を短いモノに交換するのがベストなんでしょう。
私の自転車は以前BB交換した時に、BBワンギリギリにクランクが来るようにしてもらってます。

なのでひょっとすると、ディレイラーの調節だけで上手くいくんじゃないかな?と淡い期待をしてましたが・・・

ダメだった・・・

ならば奥の手! 最後の手段!

と言うと、何か凄い秘策とかあるんじゃないの?って思わせぶりなんですが・・・

P4220034-.jpg

実はありません。

って、じゃどうすんの?ってことなんですが、
ここは一つシンプルに考えましょう。

スプロケのロー側、一番大きいギヤに入りにくいのと、
一番大きなギヤに入れるとフロントがインナー側に引っ張られてチェーンが内側に落ちちゃいます。
(インナー使ってるときは大丈夫です)

じゃ、どうしましょ?

ハイ、後ろ7段にします。
(スプロケットはそのままですよ)

これからは3×7で走ります。

これで、解決!
(えぇぇ~、それだけ?)

えっ? 

ダメ、駄目なんですか?

まぁ、物は試しですから、
しばらくはコレでいってみましょう。


【今週のオマケ】

P4220051-.jpg

コンチネンタルのチューブに元から付いてた黄色いキャップ、
あまりにチープで安っぽいことこの上ない!

でも、ずっと付けてたらなんだか馴染んできた?

なのでそのままにしときます。

関連記事
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply