pottering&photo

カメラ&自転車を楽しんでます。

もう冬? 


つい先日まで半袖・Tシャツだったのに、今日は裏毛のトレーナー。
秋が深まった、というよりも急に寒くなった。

朝、家を出るとき慎重に着るものを選ばなくちゃいけない。


いつもの通勤電車も、まだまだ夏っぽい人と、まだそれは早いだろって冬支度の人が隣どうしで座ってる。

俺はオレだ他人は関係ない  ← 前者
季節を先取りお洒落さん    ← 後者
いつもユニクロ          ← 私

こんな感じか?





それに・・・






たまに・・・   しまむら。


関連記事

[edit]

昔風な路地にべんがら色 


こんな感じの裏路地、いい感じでしょ。

土塀に板張り、この壁の色は弁柄色(べんがらいろ)、
皆さんご存知ですか?べんがら色?

知りませんでしたね・・・私は。
(チョット調べてみました)


ここの通り、アスファルトも敷いてない?
もしかして私有地なのかな?

車とかなら用事が無ければ入ってこない道でしょう。

こんな風情のある場所をたまに見つけるんですよね、自転車ポタでは。

関連記事

[edit]

豪華客船入港 


昨日なんですが私事のような仕事の用事?で神戸・三宮へ出かけることに・・・
仕事みたいな用事はすぐに済むので、何かイベントでもやってないかなと予め調べてたら、
大きな客船が神戸港に入港してるらしい、それではと思いカメラ持参で見に行ってきました。

客船撮るなら夜でしょ、夕方の日没前にはしっかりと現場に到着。
休日の夕暮れ時、開港150年ということもあってかアチコチでイベントが行われており沢山の人出で賑わってます。

釣り人の間に遠慮がちになんとか撮影ポイントを確保、私の後にも三脚担いで沢山のカメラマンがやってきます。

こういう船って別に休日に合わせて来る訳じゃないし、
朝来て昼には居なくなっちゃうのも多いから、皆このタイミングを逃すまいとやってきてるのだろう・・・かな?

PA080057--3 2

この船の名前はセレブリティ・ミレニアム(91,940t)。

大っきいなぁ~、コレ以上後ろ下がれないんだけどな?
移動しようかな?でもここ離れたらもう入れないだろうな?
何だか釣りのポイント探すのと同じだな?

とりあえず何枚か撮って少し移動します。

PA080058-.jpg

しかし豪華な舟ですね、こんなんで船旅って庶民にとっては普段考えることもないけど?
船酔いとかしないの?

PA080075-3 2

この赤い橋(神戸大橋)も絵になりますよね、舟入れるか橋だけ撮るか迷うところです。
どちらも入れると、どうも中途半端になりがちか?やっぱりもっと動き回って撮らきゃいけないんだろう・・・

PA080089-3 2

橋の下では何かアート作品?みたいなの?
音楽もガンガン鳴ってるし、でっかいバイクも、何だかチョット異空間的な感じに、チョット遠巻きにパッシャ。

昼は汗ばむ陽気でしたが、日が暮れてからは海風が心地よく、
次は自転車でと思いながらもチョット遠いかな?
でも来るとしたら寒くなる前だろうな、と思いつつ・・・

きっと車だろうなと考えらがら帰途につくのでした。

関連記事

[edit]

低山ハイク 


先日、近くの山にハイキングに出掛けてきました。
場所は加西市の笠松山(244m)で、広大な古法華自然公園にあるハイキングコースです。


夏の暑さはすっかり鳴りを潜め、絶好のハイキング日和。
コース途中にはこんな高さのある吊り橋も・・・ 揺れますよコレ。

P9300005-.jpg

善防山側より笠松山へ吊り橋を渡ります。

渡り切ったら今度は急な岩場を鎖を頼りにヨッコラショ・・・ っと。
(短い距離でも変化があって面白いコースです)

所どころ急な岩場がありますが、そこそこで頂上まで登ることができます。
(小さなお子さんでも全然平気で登ってました)

P9300007-.jpg

山頂の展望台からは360度の大パノラマ!
淡路島、明石海峡大橋まで見渡せる。

景色いいし、天気いいし、暑くなく、寒くなく、最高です!

P9300036-.jpg

山頂で暫し休憩して、次に公園内にある石彫アトリエ館へ立ち寄ってみます。
周辺には石仏が沢山あって、それぞれが色々な表情を見せてくれています。

心が和みます・・・ね。

P9300020-.jpg


P9300025-.jpg


P9300028-.jpg

こんな感じの石仏に囲まれながら、緑の木立中で弁当を広げて昼食タイム。
久々のアウトドア、やっぱり気持ちの良いもんだ。

P9300040-.jpg


P9300019-.jpg

ココはキャンプ場があるんですよ、しかも無料らしい。
帰りがけにチョット見に行ったんですがコレがビックリ!

凄く綺麗でロケーションも抜群、それで無料なんだからイイコト尽くめ!
もう何年もキャンプに行ってないけど、こんなに近場でこんないい所あるんだったら、
またキャンプ行ってみようかな?

P9300043-.jpg


自転車でも行けるぞ・・・
ココなら・・・

テント、カビ生えてないかなぁ・・・?

関連記事

[edit]

秋の夜長 


秋の夜長とはよく言ったもので、めっきり夕暮れが早くなってきました。
写真は夜明け前のモノですが・・・

私は夕暮れ時より夜明けの空、朝焼けの方が好きなんです。
まぁ、だからって夕焼けが嫌いって訳はないんですがね、
夕焼け派、朝焼け派って分けたらどっちが多いんでしょうね。

P9230001-.jpg

そう言えば高砂市の万灯祭、台風の影響で中止されたと思ってましたが、
11月3日(金祝)・4日(土)に行われるそうです!

中止じゃなくて延期だったんですね、
また楽しみが一つ増えた、今度は天気大丈夫かな?

関連記事

[edit]

彼岸花の道 


小さな道の脇に綺麗に並んで咲いてる彼岸花。
何とはなしに入り込んだ小さな脇道、車は入れません、近所の方々の生活路って感じで、
写真撮ってる時も学生が自転車で駆け抜けて行きました。


植物ってきっちり花を咲かせますね。

丁度お彼岸の頃に、お墓のまわりとかに急に出てきて花を付けるので、
チョット不気味な感じをこのに抱いている人も多いと思いますが、
別名の曼珠沙華はサンスクリット語で天界に咲く花の意だそうで、おめでたい事が起こる兆しだとか・・・

私は嫌いじゃないですよ、この花は。
何かおめでたいコトあるかなぁ・・・?


関連記事

[edit]

今日は2台でポタリング 


今日はいつものポタと違って2台で出掛てけます。
白いのは子供が乗ってる自転車(ファータイル)ですが、今日は嫁さんが乗って出動です。

実はうちの嫁さん運動不足、会社の健康診断でも指摘されたみたいで、
チョット気になって今日は運動不足解消の為私のポタにお供でついてきた訳です。


とは言え、そこはそれ、止まってばっかりのポタですから、
どれ程運動になったかはいささか疑問ですが・・・

P9240011-.jpg

それでも気分転換にはなったみたいです。
ぼーと海を眺めたり、途中で古民家カフェで美味しくシフォンケーキ頂いたりでそこそこ楽しんだみたい。

また行くのかどうか知りませんが、たまにはこういうのもイイかも知れませね。
でも次回はもう少し距離を伸ばそうかな?

関連記事

[edit]

中秋の名月って? 


もうすぐ中秋の名月です。
中秋の名月って何?って言われると説明できないけど・・・

また月の写真撮りにいこうかと、色々と調べごとしてると(月の出時間とか月齢とかね)、
中秋の名月って必ずしも満月ではないって?

そうなの? へぇ~?
知らなかった。

まぁ、月を小さく入れて写真撮る分には少しぐらい欠けてても関係ないんです。
実は以前にUPした月の光が海に映り込んでる写真は月食で少し欠けてる月なんですね、
(月食って知らずに撮りに行ってました)
望遠でバッチリ大きく撮らない限り、満月の前後であれば殆んど変わりありません。



写真は数日前のモノですで三日月と金星です。
(三日月じゃないのかな?)
この写真左下の部分、雲と空の切れ目に火星と水星も小さく写ってるんですよ!

満月も良いけど、こんな細くなった月も悪くないですね、
お付きの金星もさまになってます。


関連記事

[edit]

秋らしく 


お彼岸ですね。

此処の所めっきり秋らしくなりました。
日の出の時間も随分と遅くなり、それに合わせて朝ポタも少し遅めです。


今頃の日の出の時間ですと、とんでもなく早起きしなくてもいいのが嬉しいですね。
あっ、なにも日の出の時間に合わせてポタしなくてもイイんですが、
この時間帯が一番好きなんですよぉ。

心なしか、朝の日差しも真夏のそれと比べて、ゆるく穏やかになりました。

関連記事

[edit]

河原町妻入商家群 その2 


前回の続きです。

たまたまだったのですが、私がお邪魔したその日は、
この地区の古民家で様々な作家さんの合同展みたいなのをやってまして、
各戸それぞれに、工芸、ガラス、美術に造形と色々なジャンルの作品が展示されてました。


綺麗ですね!
花瓶なんでしょうか?

花瓶だったら入れる花に困りそう。

P9180013-.jpg

コレは夜店でよくあるのヨーヨーみたいかな?

あまり美術・工芸とかに触れることがないですが、
焼物(陶芸?)とかガラスの器とかは、身近なモノだけに見ていて楽しいです。
(だからって買って帰って気楽に使えるような代物ではありませんが・・・)

P9180020-.jpg

こちらは造形作家さんの作品。
くう・かん・げい・じゅつ?ですか?

まぁ、難しいことは分かりませんが、見たままに受け止めたら良いのでしょう。

P9180023-.jpg

コレね、風が抜けるとフワフワと揺れるんです。 雲がねフワフワと。
揺らぎかな?

昔の古民家の中庭が、家の外の空間と繋がってることを改めて気づかせてくれる。

P9180017-.jpg

木工芸と言えばイスですね、あと机に書庫とか、こんなイイものばかり集めて、こんな古びた住宅で暮らす。

悪くないですよねぇ・・・・

でも、実際住んでみると色々とあるんだろうな?

あっ、そうだ、こんな感じの古民家で宿泊できるトコって有りますよね、
そんなとこでもいいので一度泊まってみたいなぁ・・・

関連記事

[edit]

河原町妻入商家群 


台風も過ぎ去って朝から快晴、何にも予定ないんで妻に、

『ドライブがてらどっか行こか?』
『そやな、家おっても暇やしなぁ~』

そんなんで、最近雑誌なんかでよく紹介されてる篠山辺りに行ってみました。


篠山市は関西人だったら誰でも知ってる城下町、
その町に江戸時代からの景観を今に残す河原町通りと言う通りがあります。
(河原町と言ったら京都が有名ですが何か縁でもあるのかな?)

P9180005-.jpg

この通りは昔の商家だった家が建ち並び、
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうで、
勿論のそんな街並みも風情があっていいのですが・・・

最近人気なのは通りの風景に溶け込むように点在する、
古民家を改装した雑貨や飲食店らしいです。

P9180007-.jpg

今回はそんなお店巡り感覚での街歩き、何か気に入ったモノがあれば買って帰ろかな?
なかったらただの観光って感じです。

P9180037-.jpg

どの店も昔のままの民家を利用してる訳ですが、
内装も含めて最小限の改築に留められているので(保存地区だからね)、
昔の住宅の様子を随所に垣間見ることができます。

P9180010-.jpg

天井が低かったり、階段が急だったり、そんな室内を上手く利用して商品が所狭しと並んでいます。
なるほど見ていて飽きないし人気も出る訳だ。

P9180035-.jpg

ガラスのコップ、綺麗に陳列されてます。
外からの光にうまく照らされるように並べてるところなんかは、店主のセンスの良さ感じます。

P9180040-.jpg

逆光で写真取りにくい・・・
(撮影は許可を頂いてます)

いくつぐらい並んでたかなぁ?
とにかく沢山ありました。
沖縄のガラス工房のモノ?らしい・・・

P9180042-.jpg


こちらのコップ、肉厚で気泡が入ってて形も少しいびつなんです。
手作りって感じと綺麗な色合いが気に入ったので、二つお買い上げです。

お土産が買えてヨカッタ、ヨカッタってご本人様用ですから、
自分の小遣いが減っただけ・・・・ 

この後もう少しこの町をブラブラしてみます。

次回に続く・・・ かな?

関連記事

[edit]

朝ごぱん市へ行ってきた。 


台風の影響が心配されましたが、先日高砂市の朝ごぱん市へ行ってきました。
商店街で行われますから、多少の雨では大丈夫。(アーケードは所どころ雨漏り有?)

※朝ごはん市って言うのは朝ごはん系?を盛り込んだフリマって感じのモノです。


朝ごはんが目当てですからね、先ずは何か頂きましょう!
と言いながら実はもう決まってます。
お目当てはこれ、ココのお茶漬けが食べたかったのです。

これが実に美味い!

ココは高砂銀座商店街の入り口(西側)にある鰻屋 『うな髙』 さん。
この 『うな髙』 さんが朝ごぱん市のときに店頭で浜名湖産のウナギを使った蒸しおにぎりを販売していて、
それを店内でお茶漬けで頂くことができるんです。(だし茶漬け)

P9160001-.jpg

なかなかウナギは高級品ですからね、手軽にお茶漬けっていうのが嬉しいです。

そしてこのお店の建物なんですが、実はこれ国登録有形文化財なんです。
(私としてはコッチの話も興味が引かれるところ)

建築は昭和14年で木造2階建、外壁がタイル貼りで当時としてはとてもモダンな洋風の建物だったと思います。

P9160003-.jpg

高砂通運という会社だった建物、丸い昔のままの電球がいい感じ、
二階は歴史資料館になってます。

ご飯を食べたあとはその場で焙煎して入れてくれる 『キッサコ ノンヤ』 さんのコーヒーを頂きます。
この日のマメはブラジル、やや苦めかな? でも煎りたてのコーヒーはまた格別です。
(ホットが美味しい季節になりました)

P9160010-.jpg

あぁ、美味しかった。
次回の開催は10月21日、都合があえばまた行きたいと思います。

関連記事

[edit]

涼しい朝でしたが、 


窓を開けっ放しで寝てたら風邪ひきます。
そんな涼しい朝でした。

こんなにイイ季節なのに週末は台風が縦断しそう・・・


せっかくの連休なのにね、家でゴロゴロする作戦に変更しようかな?

関連記事

[edit]

週末の予定は? 


この週末は三連休(実は私は4連休)、高砂市では『 万灯祭 』 に 『 朝ごぱんいち 』が同時開催です。
楽しみにしてんだけどなぁ・・・ 天気どうかなぁ?

写真は高砂市にある三連蔵(一つ写ってないけど)。
たぶんこの蔵もライトアップされるはず、街のアチコチで古い建物がライトアップされ、
通りにはろうそくの光が並びます。

綺麗ですよ。


そうそう、それにいくつかの会場に分かれてジャズの演奏があります。
地元を中心に活動されてるバンドが沢山出てます。

ビール片手に夜風に吹かれて聞く生演奏のジャズ、コレが良いもんなんですよねぇ~、

あぁ、楽しみしてんだけどなぁ、
天気どうだろ・・・・

関連記事

[edit]

えーっと、なんだっけ? 


ポタ途中で立ち寄った、とあるJRの駅の風景です。
洋風の建物、長い廊下に風が吹き抜けていく。

チョット汗が引くまで休憩です。
時々、頭上に吊るされた風鈴がカランカランと乾いた音を立てている。


んっ?

コレはアレだ、ネコのお化け?
じゃない・・・

妖怪だっけ、

えーっと、なんだっけ?

あぁ、ココまで出てきてるのになぁ・・・

えーっと、スッキリしないなぁ~

P8270075-.jpg


えーっと、にゃん・・・ にゃん・・・



ニャンちゅう?




え、?違うの・・・   ?

関連記事

[edit]

花の寺 円照寺 


あちこち寄道しながらも円照寺に着きました。
いつもはアマチュアカメラマンでいっぱいですが、この日は私以外には女性の方が一人だけ、
空いてますねぇ、写真撮り易そう。

さて? 咲いてるかな? お寺の庭の奥の方へ目をやると・・・


咲いてましたね、白いの。
まだまだ少ないですが、綺麗に咲いてます。

P9050063-.jpg

こちらは黄色、彼岸花も種類(仲間?)が多みたいで、それぞれの名前は分かりません。
花びらがクルンとカールしてます。
この花はいつもどう撮るか悩みます、上から横から斜めから、あらゆる角度から撮ってみます。

P9050057-.jpg

こちらは初めて見かけました、リコリスと言うそうです。(お寺の方が教えてくれた)
白地に薄いピンク、花びら先端は青みがかってて・・・綺麗な花ですねぇ、
彼岸花系の中では一番早く咲くらしく、赤い彼岸花を目当てに来ると、この花はもう終わっているらしいです。

P9050053-.jpg

桔梗も咲いてました。
薄い紫、なんか涼しげです。

おっ、コスモス発見!
お寺の近所の休耕田、まだまばらですが咲き始めてます。
こちらは秋を代表する花ですね。
(背景のボケかたがイマイチだなぁ)

P9050037-.jpg

今回は赤い彼岸花を見てませんし、もうしばらくすると一面のコスモス畑も楽しみです。
ココはもう少ししたら、もう一度出かけてみましょう。


関連記事

[edit]

ユラユラポタリング。 


あれ?こんな所に神社があったかな?
普段通らない道を気ままに進むポタでは、色々と新しい発見があります。


境内の奥には児童公園、夏休みが終わったからか?
それとも普段から静かな公園なのか、誰もいない公園は蝉の声しか聞こえてこない。

P9050007-.jpg

田んぼの稲穂もだいぶ実ってきてますね。
この日は早咲きの彼岸花を撮りに、加古川市志方町の円照寺を目指します。

P9050023-.jpg

手前の白い花は蕎麦?かな?
奥の雑木林、竹の緑と他の木とのグラデーションが綺麗です。

P9050030-.jpg

お地蔵さん、きっとこの地域をずっと昔から見守ってくれているんでしょう、ご苦労さまです。

あっ、そうそうこの日は息子の自転車(ファータイル号)で出かけてます。

P9050025-.jpg

こちらの田んぼ、上の段が蕎麦?下の段はお米です。

こんな感じの景色の中をユラユラとゆっくり走って行きます。

P9050033-.jpg

ニラの花ですね、田んぼの畦道や公園の片隅に、この花もよく見かけます。
このニラは食べれるニラなんでしょうか?小さく可憐な花ですね。

P9050041-.jpg

おぉっ!
なんだお前、ずっといたのかよ?
記念に一枚撮ってやるからな、動くなよっと。

P9050047-.jpg

で、彼岸花にはいつたどり着くのでしょう・・・?

続く。

関連記事

[edit]

いつもの道ですが 


いつものポタリングコース、加古川大堰から夕日です。
丁度今頃は川下に向かって日が沈むので、夕日が写り込んで普段とは違う景色を見せてくれます。


日没の前後、1時間以上はここに居たかな?

刻一刻と変わる空の色と流れる雲、
オレンジ色に染まっていく川面、
ただただそれをずっと眺めてるだけで、なんだか気分も晴れてくる。


関連記事

[edit]

朝の日差しに 


早いものでもう9月です、つい先日まで暑い暑いと言ってのに、
いつの間にか季節は進んでいます。

ショッピングモールの店先には秋冬物の洋服が並びだし、
コンビニでは早々におでんが煮込まれてました。


朝陽に照らされた河川敷に咲く花も、
いつもより涼しい風に揺らされてます。

関連記事

[edit]

ポタリング日和 


随分と朝夕涼しくなりました。
天気も好いし、まさにポタ日和。

遠くに北条鉄道が走って行く。


サルスベリですか?
この時期淡いピンクの花をアチコチで見かけます。

P8270043-.jpg


加古川水系の万勝寺川です。
何気ない風景ですが、この写真で写ってる範囲でコンクリートの護岸は見当たりません。
なかなか都会では見ることのできない風景ではないでしょうか?

P8270021-.jpg

さっきまで鷺が居たんですがね、カメラ向けたら飛んでいきました。
鷺って利口な鳥ですね、そぉ~と近づくんですが一定の距離で必ず飛んでいってしまう。

望遠レンズ・・・ 

欲しいなぁ・・・

関連記事

[edit]

北条鉄道と優しいお兄さん。 


ココは北条鉄道の網引駅すぐのところ、
播磨中央自転車道が少しの間だけ北条鉄道のすぐ横を通ってます。

以前もここで写真を撮ったことがりますが、ここに来たら列車とのツーショットを撮らずにはいられない。

のどかな風景とローカル線、おまけに自転車をフレームにうまく収められる場所ってあまり無いと思う。
でも、この写真撮ってるときに一番感激したのは・・・  はしっこに小さく写っている軽トラです!


私がカメラ構えて列車待ってると、向こうから軽トラがやって来たんです。
丁度、網引駅を列車が出たところです。

タイミングとしては申し分ないんですが、私が避けてあげないと車が通れない・・・
私が諦めてカメラを下げかけたら、(農道ですからね農家さん優先です!)

そしたら軽トラがわざわざ車を端に寄せて止まってくれたんです。
そう!シャッターチャンスを逃さないように、しかも自分が写り込まないように気をつかってくれたんです!
(広角ですからね、しっかり写ってますけど、そこはこの際置いといて)

なんと心優しい方なんだろう。

軽トラが通り過ぎるときに感謝の気持ちで頭を下げて挨拶すると、
ドライバーの方は若いお兄さん、少し照れくさそうに会釈して通り過ぎていった。

ああ、きっといい青年なんだろうなぁ、農家を継いでるかな?
親孝行してんだろうな・・・ 日焼けして真っ黒だったよなぁ。

とか、かってに思い巡らせながら、この場を後にするのでした。

関連記事

[edit]

田んぼがキレイ Ⅱ 


先日のポタリングの途中で通りかかった場所なんですが、ココも田んぼが美しい。
ホントに緑が綺麗で、快晴の青空と相まって実によい景色。

時々、風が気まぐれに吹いて、稲穂を揺らして模様を付けていく。

地元の人にとっては当たり前の風景なんでしょうが、
目の前にこの光景が開けたときは 『おぉ!』 って唸ってしまいましたね。


こんな感じの普通の道沿いですがね・・・
車で通るとアッという間でしょう。

自転車なら立ち止まって写真撮ったりして、しばらく眺めてたりできますもんね。
丁度向こうからロード乗りの人が坂道を駆け上ってきました。(さまになってるね)
そう言えばこの日は沢山の自転車乗りの方を見かけました、チョット涼しくなったからかな?

P8270063-.jpg

ココは水が入ってすぐだと水面の写り込みがキレイじゃないかなぁ?
その頃に同じアングルで写真とったら面白そうだな。

関連記事

[edit]

田んぼがキレイ 


青々とした田んぼが朝陽に照らされてとてもキレイ。
真ん中の少し曲がった畦道がいいアクセントになってる。


そう言えば、稲美町って田んぼの稲がキレイだから稲美なんだろうか?
こんな景色を見てるとそう思えてくる。



ココは稲美町ではないけどね・・・
(加古川市平荘町)

関連記事

[edit]

古いレンガ倉庫 


もう殆んど定点観測です。
高砂ポタでは必ず立ち寄ってしまうレンガ倉庫、いつか取り壊されてしまうんじゃないかと、ずっと気になってます。

どうもどこか地元の会社が今も倉庫として使っているみたいで、まだ暫くは大丈夫みたい?
それにしても今なお建物としての役割を果たしていることに驚きを感じます。


古民家もあります。
こちらもいい感じ。

P8220165-.jpg

そう言えばもうすぐ万灯祭じゃなかったかな?
いいんだよなぁ、あの雰囲気がね。
去年行けなかったから、今年は是非行ってみよう。

関連記事

[edit]

高砂 銀座商店街 


ここは高砂市の銀座商店街。
見ての通りひっそりとしています。

古い町並みを沢山残す高砂市ですが、この通りはまさに昭和にタイムスリップしたかのようです。


ここでは毎月第3土曜日に 『 朝ごぱん市 』というイベントをしており、その時は結構な人出になってます。
私も何回かお邪魔したことがあるのですが、美味しい朝ごはん(パンやスープやらもある)が格安でいただけるし、
チョットしたフリマも出店してるので意外と楽しめますョ。

P8220157-.jpg

ちなみに次回は9月16日です。
私も次回は行ってみようと思ってます。

関連記事

[edit]

高砂神社 


海からの帰り道、高砂の町をウロウロしてました。
久々かな? この辺りは、知らないうちにまた新しい店ができてたりして、
楽しみが増えますね。


この日の高砂神社は誰も居ません、
蝉の声しか聞こえない、なんだか気も落ち着きます。

この立派な門の横手に自販機があるんですよ、
いつもココで飲み物買って、石灯篭に腰かけて休憩させてもってます。

P8220082-.jpg

自転車のスタンド、以前来た時は竹で組んでましたけど、
丈夫なモノに替わってました。
竹のときはかなりしなってましたが、コレで安心ですね。

P8220083-m.jpg

帰りがけにお参りをします。
最近はいつも同じお願い・・・ どうか神様よろしくお願いしますよっと。

何を?

関連記事

[edit]

ちょっと海までポタリング! 


天気予報では曇り、山沿いには怪しい雲がどんどん風に流されているけど、
海の方角は晴間が見える。

いい天気じゃない?
チョット海まで行ってみようか?


正解でした!
見ての通りの快晴です。

いつもの白灯台、今日は釣り人が一人も居ないので一等地を独占です。
日差しが強くても、この灯台の作る日陰に入って海からの風に吹かれてると快適です。

P8220031-.jpg

はるか上空を行くジェット機、上空からはどんな景色なんでしょう?

何処まで行くのかな?
四国方面?もしくはずっと西の方かな?それか海外か?

確か飛んでる飛行機の位置とか行先の見れるアプリがあったけど、あれって凄いよなぁ、
少し前では考えもしないことが、当たり前に出来るんだもんな。

P8220048-.jpg

いいよなぁ、ココは、
何回も来てるけど、飽きないよなぁ。

でも、やっぱりチョット暑いなぁ。


関連記事

[edit]

加古川の水管橋  


加古川の水管橋からの眺めです。

車の通れない橋ですから、ゆっくり橋からの景色も堪能できます。

P8200023-.jpg

この橋自体も連続するアーチが特徴的で綺麗な水色の橋、

周りも景色にも溶け込んでます。


川の上ですからね、涼しいですよ。

朝早くですからね、気持ち良いですよ。



明日仕事じゃなけりゃ、
もっといいのになぁ・・・

関連記事

[edit]

植物園じゃない。 


シダ系の葉っぱがいっぱい。

植物園ではないですよ、普通の散歩道。
ホントですよ、散歩してる人とかジョギングしてる人、犬の散歩も。

ココだけ切り取ると、どこか南国の見知らぬ土地に迷い込んだみたいです。



この場所は平荘湖です。

関連記事

[edit]

この道どの道どこ行くの? 


ポタリング途中で見つけた石票、風土記の道?
道って?何処に続いてるの?
見た感じ分からないんですが・・・


こんな感じか?
でも道と言っても田んぼの畦道だぞ?
ココ歩いてたら、農家の人の邪魔になるよなぁ?

P8140018-.jpg

ココの水路、階段が付いてるね、水を汲む場所だよね?

やっぱり田んぼの中だよな、ココは。

P8140023-.jpg

ダメだ、いい感じの道を見つけた!っと思ったけど、
何処にどう続いてるのか分からない?

P8140040-.jpg


なんだか残念な道・・・

関連記事

[edit]